腰痛が治らない改善法まとめ|失敗談から分かる腰の痛みの軽減方法

腰がドット柄の男性

みなさん腰痛といえばどのようなイメージをおもちですか?

私は、今まで周りではよく聞くけれども縁遠いものだと思っていました。

今回、私が蓄積疲労による腰痛になり最も効果のある方法を知りたいと思い、腰痛持ちの人にアンケートをとったりネットで調べていくうちに、こんなことが分かってきました。

腰痛を抱える多くの人が取る対策とは?

腰のマッサージ

腰痛を抱える人がよくする対策としては腰の痛みをとる対策が一番多いと感じました。

具体的に挙げていくと、腰の周りの凝りをとるためのマッサージを自分でしたり家族にしてもらったりするということ、腰の周りの筋肉を柔らかくするためにストレッチしたり、腰回りを冷やしたり温めたりして血流を良くしようとしたり、腰痛改善グッズのような自宅ケアでその日の腰の痛みを解消する方法や、整体でのマッサージを受ける、整骨院で腰回りをほぐして温治療や電気治療を受ける、病院に通い牽引やリハビリを受け専門的な方法で治療に取り組む方が多かったです。

中でも最も効果が感じられない腰痛改善法とは?

中でも最も効果が感じられない腰痛改善法は整体や接骨院だとわかってきました。

その理由は、その日の腰の痛みが取れるが次の日にはまた腰が痛くなるということや、電気治療や温治療で1回に30分から1時間かかることで腰痛改善に時間をかけている割には思うほど痛みが無くなっていないことや、通院していることで改善しているように錯覚してしまうことで、本当の腰痛の原因である腰回りの筋力アップや姿勢改善を行っていない整体や整骨院が多いということがわかってきました。

腰痛が治らないと言う人によくある共通点

腰痛が治らないという人によくある共通点には、まず一つ目には湿布やストレッチなどのその場しのぎの対処法で痛みを取り除くだけの行為をして腰痛が治ったと錯覚してしまいそのまま日常生活を送ってしまう方が多く、そのために腰痛が悪化し、なかなか治らない状態になるまで放置してしまい後悔している人が多いです。

二つ目には、整体院や病院に行き痛みを改善するだけで、整体師や医師に根本的な解決方法の「運動での腰回りの筋力アップ」「姿勢改善による腰への負担の軽減」をアドバイスされるが痛み解消で満足してアドバイスを受け入れず実行しないという方が多いです。また、アドバイスを受け入れて運動やストレッチを実行してみるが長く続かず結果が出る前に運動やストレッチをやめてしまうという方が多いです。

腰痛改善に欠かせない3項目

1)睡眠・・・体を休めることで腰回りおよび体全体の筋肉がほぐれることによって筋肉の疲労による腰痛の改善につながります。また、良い睡眠をとるということはストレス解消にもつながります。

2)ストレス解消・・・・ストレスが溜まると体が緊張し、腰痛を引き起こす原因だといわれています。また、ストレスが溜まることにより痛みを抑える脳内物質の分泌が減るため感じる痛みが強くなるとされています。

3)運動・・・不足すると、血流が悪くなり筋肉が硬くなることによる腰痛の改善や筋力の衰えによる腰痛の改善につながります。ただし、急激な運動や過度な運動は、腰への負担を大きくすることや疲労をためることになりますので適度な運動を心がけましょう。

睡眠には寝具選びは大切

清潔感のあるベッド

腰痛改善で一番簡単で重要なのは睡眠だといえます。なぜかというと、まず睡眠は一日の3分の1を占めるものだからです。睡眠で腰痛改善に期待できる効果としてまず、睡眠による腰回りの筋肉の疲労回復や睡眠によるストレスの解消が期待できるからです。

ただし、睡眠のとり方の方法を間違えてしまうと睡眠時の腰への負担を大きくし、腰回りの筋肉の回復どころか腰への負担を大きくしてしまいかえって腰痛を悪化させる結果になることもあります。

では、腰にいい睡眠をとるにはどのようにすればよいのでしょう。それには、まず寝具選びが重要だといえます。

いろいろなマットレスが売られていますが体が沈むマットレスは背骨が「くの字」に曲がり、自然なS字カーブを描けず腰に負担が大きく、腰痛を悪化させます。また、硬すぎるものも「くの字」に背骨が反りかえり、これも腰痛を悪化させます。

適度な硬さのものを選びましょう。枕の高さも寝返りをうちやすく背骨がS字カーブが描きやすいものを選びましょう。

まとめ:自分で治す努力を。整骨院や治療器具は補助的な役割で

ストレッチをする男女

腰痛を改善するために一番必要なのは自分で治す努力を惜しまないということです。まず、病院に行き腰痛にはいろいろな原因があるので原因を突き詰めましょう。それで、原因にあった対処法を実践しましょう。

多くの方の腰痛の原因は姿勢、生活習慣による蓄積疲労があげられます。また、老化による筋力の衰えによるものです。

腰痛グッズや整骨院に通うのはあくまでも補助的な役割として使いましょう。補助的な役割と思わず使うことは腰痛を悪化させる原因となります。

腰痛の改善や防止には日常生活の見直しが重要です。特に、寝具の見直し、運動不足の解消、姿勢改善は重要です。

寝具ではマットレスの硬さ、自分にあった枕の高さのものを選びましょう。

運動不足の解消には、エレベーターを使わず階段を使うようにするとか一駅歩いてみるとか自分で継続できる範囲の工夫が必要です。考え実践していきましょう。

姿勢改善には、自分の意志と正しい知識が必要です。整体師や医師のアドバイスを受け実践していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする