坐骨神経痛に病院に通うだけでは治らない。生活習慣の見直しで治す。

腰が痛い女性

45歳の女性です。現在、子育て真っ最中、スーパーでパートをしています。

5年ほど前になった坐骨神経痛についてお話します。

5年ほど前、何をした訳でもないのですが、朝、起きると腰からお尻にかけての痛みが発生しました。それから一週間、痛みが続き、一週間を越えると痛みががなくなる、というのを何ヵ月かに一回、繰り返します。ある日、突然、痛みがきます。

その時により、右側、左側で、痛みのある場所が変わります。一環して痛いほどのは、座った体勢から立ち上がる際、足を上げる際、寝ている体勢から起き上がる際、四つん這いの体勢等が最も痛いです。腰からお尻の辺り全体が痛いです。

病院や整骨院は根本的な改善にならず

病院に通いながら整骨院、温泉 、コルセット、ストレッチ、腰痛体操、マッサージといろいろと試してみましたがそれほど思っていたような効果は得られませんでした。

病院や整骨院通いを続けることでは効き目がなかったです。病院等は、検査や、口頭での症状の説明や、気をつける点を教えてくれたりはしました。しかし、痛み止めの薬や、湿布ももらいますが、痛みが出た際の応急処置でした。毎回、痛み止めをもらいに行くだけなので、病院通いをやめて、普段の生活週間を見直す事にしました。

思ったほど効果がない病院、整骨院は、何度も通ったため、10万は使ったと思います。

生活習慣から腰痛が始まる

普段の生活習慣を変えることです。正しい姿勢を心がけ、負担のかからない体勢を研究し、なるべく腰に負担がかからない生活を心がけています。

ふだんの姿勢や、体勢に気をつけてください。ある日、突然、とんでもない痛みが来て、大変な目にあいます。たかだか腰の痛み、では済まないジリジリとした痛みが、毎日毎日、おしよせてきます。若い方は、自分の体に近い将来、今日の無茶をしたつけがまわってきますので、十分に気をつけて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする