湿布に頼って腰痛悪化。体育の長距離走がきっかけで慢性腰痛に

53f2155579e50f104a38fee4439c2426_s - コピーのコピー

37歳の女性です。現在、IT系の事務員として働いています。

20年以上前から患っている慢性腰痛についてお話します。

高校1年生のとき体育の授業で長距離走があり、いつも通り普通に走っていただけだったのですが走り終わったらぼんやりと腰が痛くなっていました。

それからは頻繁に色々な場面で腰痛を感じるようになり、痛みもはっきりしたものに悪化していきました。

長時間立っている、長時間座っているなど同じ姿勢を続けていると痛みがひどくなってきます。

ウエストのくびれ部分の右半身に痛みが集中しており、筋肉がこわばるような骨がぎしぎしきしむような痛みが何時間もひたすら続きます。

そこまでひどくなるとは思わず一般的な対処法で

自宅でできる簡単なストレッチ・市販の湿布・熱いシャワーをあてる・整形外科で診察を受けその病院でもらった湿布を貼りました。

市販の湿布薬が最も効果がありませんでした。1000円強の一般的な冷たいタイプの湿布でしたが貼ってから1~2時間はじんわりと気持ちよく腰痛に効いているような気がするのですがそれを過ぎると痛みがぶり返してきてすぐに貼り替えなくてはいけませんでした。

仕事中のみ1日8時間程度のあいだ湿布を貼っていたら2日ほどでその部分の皮膚が真っ赤になりかゆくてたまらず、それ以上は湿布を使えませんでした。

結局そのかぶれのようなものは湿布をやめてからも1週間ほど治りませんでした。

改善のために急に激しい運動をすると、逆に腰痛の悪化が

仕事で机に向かっている時間が長いのでその時間を減らすか毎日ウォーキングをするなど適度な運動をすれば改善するかなあと思います。

筋肉を鍛えることは大事だとは思いますが激しい運動は絶対にNGです

私のように慢性腰痛のきっかけになってしまいかねません。

同じ姿勢をあまり長い時間続けずに仕事中などでも伸びや軽いストレッチをするなど常に腰周りをほぐすことを心掛けるとよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする