育児疲労で腰痛に。隙間の時間でできる改善策とは

腰痛い主婦

34歳の女性です。現在育児の傍らネットオークションに出品しています。

15年前から腰痛に悩まされています。

もともと姿勢が悪かったのもありますが、専門学校でペットのトリミングを習い仕事にしていくうち、同じ姿勢や長時間立ち作業、犬や器具の上げ下ろしなどで悪化しました。

同時にパソコンを使った業務や、プライベートでのネット環境の充実なども大きいです。

現在乳児を抱えており、産後の骨盤の変化と共に、授乳、抱っこ、寝かしつけ、沐浴、ベビーカーの乗せおろし、抱っこひも、育児はどれも痛いです。

まだおすわりができないので、特に抱きあげる時、膝に乗せてあぐらでの授乳中、お風呂に入れる姿勢の時は前傾姿勢が多いので、腰の下部から背中にかけて、肩こりのように筋肉がパンパンの上にさらに負荷をかけている感じで、筋肉全体が痛いです。

いろいろ腰痛改善方法を試してみるも

ずっと腰痛に悩まされていましたので今までに様々な改善方法を試しました。

整体、もみほぐしのマッサージ、電気治療、もぐさ、腰を温めるジェルパッド、ストレッチ、筋トレ、磁気治療、骨盤ベルト、さらしetcどれも長続きしなく思った効果が得られませんでした。

お手軽に持続可能だと思い腰痛改善クッション(2000円程度のやつ)を雑貨屋で購入しました。

購入後は、自宅の机の椅子においてパソコン使用などで使いました2年くらいは使っていましたが、やはり元の姿勢の悪さ、仕事作業やネットに集中していると気づけば姿勢が崩れているし、やはりクッションなので、だんだん潰れて本当にただのクッションとしてひいてある状態でした。ひいてすぐは、納まる感じが効果あるかもと思いましたがあまり無く、使っている事さえわからない位だったとき、飲み物を こぼしたのがきっかけでそのまま捨てました。雑貨でなく、ちゃんとした医療用?とかであれば効果あったかもしれません。

腰痛改善するために一番したらいいと感じるのは

やはり姿勢の悪さ改善に尽きると思います。

また整体の先生からは、パソコン作業で眼精疲労がひどく、それを支えて補う首、肩、腰がこっていて、太もも部分までこっていると言われたので、一カ所集中した姿勢や作業で酷使せず、バランスよく正しい筋肉を動かせばいいのかなと思います。

腰痛は、ぎっくり腰やヘルニアのような重度のものでなくても、夜寝付けなかったりやはりしんどいです。

特に子育ては本当に堪える姿勢が多いので、痛くなる前から姿勢を正す意識を習慣づけて、パソコンやスマホも適度に使う、身体全体を動かす運動を心がける、が大事だと思います。

自分に向けても、改めて意識しようと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする